深部整体

Shinbu Seitai
深部整体

深部整体は施術テクニックの集大成

代表の関野は若い頃、武道の稽古でほぼ全身に怪我をしてきました。自身の身体を治すために様々な治療法を受けました。治療家となってからも古今東西の様々な理論・解剖学・あらゆる施術テクニックなどを、学び続けてきました。これらの学びと共に日々の臨床での実践・研鑽を重ね「本気で治すこと」を求めてあみ出された施術法が「深部整体」です。
深部整体

二つに大別したテクニックを融合

研鑽を重ねた結果、関野代表は全身筋膜調整の「FRSテクニック」と、低振動アプローチの「JVRテクニック」の二つに大別したテクニックを確立しました。深部整体は現在、手技のみで行うこの二つのテクニックを融合した施術を行います。
これらによって筋緊張改善、骨格機能改善、関節可動域改善、自律神経機能改善、循環機能改善、内臓機能改善を促します。

「FRSテクニック」

frsテクニック

FRSテクニックは筋膜リリースのテクニックです。軽い押圧と関節運動によって短時間で全身の筋膜を緩めます。
筋肉一つ一つを押圧しながら関節運動をさせることで、どの動作によって痛みが出るのかを分析し、痛みの原因となる筋肉と関節へアプローチします。
筋肉と関節を緩めることで、可動域制限が劇的に回復します。

「JVRテクニック」

JVRテクニック

触れるか触れないかくらいの繊細な刺激で、仙腸関節を始めとする様々な骨格を調整します。 習得が難しいとされているAKAの仙腸関節、肋骨調整等のテクニックに振動を加えることで、指圧や鍼では届かない部位にもアプローチ。 自律神経の活性化に効果を発揮します。

成長し続ける深部整体

関野代表とスタッフ達は、様々な症状でより高い効果を得られる技術を追求し、深部整体は「本気で治すこと」を常に目指し更に進化を続けます。